くらとみ眼科 > 目の病気 > ドライアイ

ドライアイ

ドライアイとは

涙液の減少あるいは質的な変化により眼の表面に障害を生じる病気です。涙が足りないと涙の役割が低下するので、眼は乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると眼の表面に無数の傷がついている場合もあります。
■眼が乾くために、不快な症状が現れるドライアイ
■強い症状や長びく症状はほって放っておかないほうがいい

原因と症状

涙が不足したり質が悪くなる原因には、眼の病気やある種の薬の影響があげられますが、健康な人でも年齢とともに涙は少なくなりますし、夜間やストレスが高い時も少なくなります。
一方、涙は十分にあっても、まばたきが少なかったり部屋が乾燥しているとドライアイになりやすく、またコンタクトレンズやアレルギー性結膜炎はドライアイと深く関係しているといわれています。

対策

1.日常生活

  • ・ワープロ、コンピューター作業は休憩が必要…リラックスを心掛け、眼が疲れたら休ませる
  • ・なるべく上の方をみない…テレビやワープロの画面は、眼より下方に置く
  • ・見やすい環境を作る…直射日光は避けて、ワープロなどの画面は照明が反射しない場所に置く
  • ・部屋の湿度を保つ…加湿器やぬれタオルを干すなど保湿に注意する

2.目薬

  • ・眼科を受診し、医師の処方した目薬をさす…症状が強い場合や長びく場合は眼科を受診し、医師の指示に従う
  • ・市販の目薬をさす…診察の結果、軽症であれば、医師の指示に従って市販の目薬をさせばよい場合もある