くらとみ眼科 > 先進医療(下書き)

白内障・遠近両用眼内レンズ

遠近両用眼内レンズによる白内障手術について(先進医療)

眼の状態と手術時に入れる眼内レンズによって、見える”範囲”に違いがでます。
当院では、患者様の眼の状態や生活に合わせた眼内レンズを提案します。

注意:眼の状態の診断によって、眼内レンズの種類が選択できない場合もあります。

眼内レンズ

単焦点:ピントが合う距離が一つ

ピントを合わせる調節力がないため、遠くにピントを合わせると近くが、近くにピントを合わせると遠くが見えなくなります。ピントが合わない距離を見るためには眼鏡が必要です。

見える範囲

狭い:手元から遠くまでのある1点のみよく見える

見える質

良い:ピントが合う1点はとてもよい

眼内レンズ

多焦点:ピントが合う距離が複数

手元から遠くまでピントが合うため、眼鏡に依存する頻度を減らすことができます。ただし、眼鏡をかけた方が楽に見える場合もあります。

見える範囲

広い:手元から遠くまで見える

見える質

おおむね良い:ピントがすこしあまい

先進医療とは?

白内障の治療法として「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」が先進医療技術として認められ、くらとみ眼科は厚生労働省より、先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建手術」を行う先進的眼科施設として承認されました。

※先進医療の技術料は任意保険の先進医療特約対象となるので患者様の入られている保険の割合によっては実質無料となる場合があります。

 

一般の生命保険”先進医療特約”の対象

通常の眼内レンズを使用した白内障手術は、健康保険がききますので自己負担は1割の方で12,000円、3割の方で45,000円です。

しかし、遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)を使用した手術は健康保険がきかないうえに、遠近両用眼内レンズが高価ですので、35万円かかります。

御自分がもし医療保険に加入されていて、尚且つ、先進医療特約にも加入されていた場合には遠近両用眼内レンズによる白内障手術費用35万円が、全額保険会社から給付される場合があります。

また、遠近両用眼内レンズを使用した場合、遠くも近くも見えるので老眼がなくなるという事になります。(診察、検査、投薬などは健康保険の適応となります。)

先進医療として認められた多焦点眼内レンズ水晶体再建手術は自費負担となりますが、手術前や手術後の眼科診察は保険適応となり、患者様の負担が減ります。



1) 患者様に先進医療技術料を一旦支払って貰う

2) 患者様に先進医療技術料を保険会社に請求して頂く


3) 保険会社から先進医療技術料が支払われ、実質無料となる場合がある。


先進医療に認定されている施設の治療費負担

1.「先進医療に係る費用」は、全額を患者が負担します。「先進医療に係る費用」は、医療の種類や病院によって異なります。
2.「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察、検査、投薬、入院料)は、一般の保険診療と同様に扱われます。つまり、一般保険診療と共通する部分は保険給付されるため、各健康保険制度における一部負担金を支払うこととなります。

<例>
sensiniryou

*患者様の術前、手術日、術後の診察、投薬等は公的医療保険の対象となるので3割負担の方は3割、1割負担の方は1割の負担となります。

 

白内障

白内障についてはこちらをご参照ください。