くらとみ眼科 > 症状から調べる

症状が気になる

自覚症状のある方は、早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。

症状病名 
めやに結膜炎おもにウィルスや細菌による感染が原因の「ウィルス性急性結膜炎(はやり目)」や「細菌性結膜炎」と、アレルギーが原因の「アレルギー性結膜炎」などがあります。
詳しくはこちら
角膜びらん角膜の表面に部分的にはがれた個所が存在する症状のことを指します。転んだ時に、肌を擦りむくように角膜の表面が何らかの外部要因により傷ついた状態です。
目の乾きドライアイ詳しくはこちら
痛い角膜潰瘍角膜に傷がついたり、からだの抵抗力が低下して病原微生物に感染しておこる角膜の病変が細菌性角膜潰瘍です。最近、真菌(かび)、単純ヘルペスウィルスなどが原因ですが、もっとも多いのが細菌性角膜潰瘍です。
角膜びらん上記を参照ください。
眼瞼炎眼瞼炎とは、まぶたの炎症のことを刺します。まぶたの縁がただれる、かゆみ、痛みなどの症状を伴うものです。症状が悪化すると、まつ毛が抜けたり、まぶたが肥厚する場合もあります。
麦粒腫瞼が赤くなり、腫れて、痛みがあります。メヤニや涙がでて結膜(白目)が腫れることもあります。膿が溜まってくると、膿点といって眼瞼や瞼の裏に黄色く膿が見えるようになります。そこから膿がでると腫れがひいて収まってきます。
かゆいアレルギー性結膜炎詳しくはこちら
眼瞼炎上記を参照ください。

見え方が気になる

自覚症状のある方は、早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。

症状病名 
みえにくい
かすむ
弱視コンタクトレンズやメガネをかけても、視力が回復しない状態をいいます。通常、視力が低い人がコンタクトやメガネで矯正すると、視力が回復しますが、弱視の方は、ほとんど視力が変わりません。人間の視力の発達は、早くて7才頃、遅くて9才頃までに、止まってしまいますので、弱視の疑いのある子どもの場合は、できるだけ早く治療するのが望ましいのです。
老眼老眼とは、年をとるにしたがって近くの物が見えにくくなることをいいます。近くの物を見る時には、眼は水晶体(すいしょうたい)(カメラのレンズのようなはたらきをする部分)の厚みを増加させる「調節」という機能によりピントを合わそうとします。しかし、年齢とともに水晶体は硬くなるので変形しにくくなります。そのため、近くの物にピントを合わせられなくなります。
白内障詳しくはこちら
網膜剥離網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)と神経網膜の接着は弱いので、何らかの原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞からはがれて、硝子体(しようしたい)の中に浮き上がってしまうことがあります。これが網膜剥離です。
糖尿病網膜症詳しくはこちら
ピントがあわない近視近視とは、遠くを見たときに、網膜よりも手前に光の焦点が結ばれてピントが合わず、ものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。
遠視網膜の後ろで光の焦点が結ばれてしまうので、ピントが合わず、近くのものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。
乱視目のレンズの働きをする部分がゆがんでいるため焦点が合わない状態を言います。
視野がせまくなった緑内障詳しくはこちら
まぶしい疲れ目一時的な目の疲れで、十分な休憩と睡眠を取って目を休ませると目の疲れは回復します。
ただし、「疲れ目」と思っていてもドライアイなどの可能性もありますから、自己判断はしないでください。
角膜潰瘍角膜に傷がついたり、からだの抵抗力が低下して病原微生物に感染しておこる角膜の病変が細菌性角膜潰瘍です。最近、真菌(かび)、単純ヘルペスウィルスなどが原因ですが、もっとも多いのが細菌性角膜潰瘍です。
ぶどう膜炎ぶどう膜とは、脈絡膜(みゃくらくまく)と毛様体(もうようたい)、虹彩(こうさい)の三つをまとめて呼ぶ総称です。これらは眼球全体を包み込むよう広がっています。なにかしらの原因でこれらの組織に炎症がおこっているのがぶどう膜炎です。
黒いものがみえる飛蚊症詳しくはこちら
網膜剥離網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)と神経網膜の接着は弱いので、何らかの原因で神経網膜が網膜色素上皮細胞からはがれて、硝子体(しようしたい)の中に浮き上がってしまうことがあります。これが網膜剥離です。
ものがゆがむ黄斑変性詳しくはこちら
夜になると眼が見えない網膜色素変性症網膜に異常が起こり、暗いところでものが見えにくい夜盲(やもう)や、視野がせまくなる視野狭搾、視力低下が見られる遺伝性の病気です。
光のまわりに虹が見える虹視症虹視症は、ひどく疲れているとき、体力が落ちている時、疲れ目、眼精疲労が進んでいる時に症状として現れやすくなります。

見た目が気になる

自覚症状のある方は、早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。

症状病名 
目の充血アレルギー性結膜炎詳しくはこちら
細菌性結膜炎詳しくはこちら
ドライアイ詳しくはこちら
瞼がはれた眼瞼炎眼瞼炎とは、まぶたの炎症のことを刺します。まぶたの縁がただれる、かゆみ、痛みなどの症状を伴うものです。症状が悪化すると、まつ毛が抜けたり、まぶたが肥厚する場合もあります。
麦粒腫瞼が赤くなり、腫れて、痛みがあります。メヤニや涙がでて結膜(白目)が腫れることもあります。膿が溜まってくると、膿点といって眼瞼や瞼の裏に黄色く膿が見えるようになります。そこから膿がでると腫れがひいて収まってきます。
結膜炎おもにウィルスや細菌による感染が原因の「ウィルス性急性結膜炎(はやり目)」や「細菌性結膜炎」と、アレルギーが原因の「アレルギー性結膜炎」などがあります。

症状はないけど…健康診断で再検査の指示を受けた。

症状がでられる前に精密検査を受けて、生活習慣を見直すことで改善が見込まれます。特にご家族に同じような方がいらっしゃる場合は、すぐに専門医に御相談されて下さい。

症状病名 
血糖値が高い 糖尿病予備軍 症状が出てからでは治療効果を期待できません!
精密検査を受けて、生活習慣を見直すことで改善が見込まれます。
特にご家族に同じような方がいらっしゃる場合は、すぐに専門医に相談を!
血圧が高い高血圧予備軍
眼圧が高い緑内障予備軍
視神経の色が悪い緑内障予備軍